読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

next

雑記ブログ

映画「トイレのピエタ」の感想

f:id:yfas:20161016004942j:plain

 

アマゾンプライムに入ったので、

最近の邦画を見ています。

 

NETFLIXと違って邦画が充実しているのはありがたいです。

 

さて、RADWIMPSのボーカルの野田洋二郎主演の映画「トイレのピエタ

 

 

昔絵を描いていた主人公の役を演じています。

結局絵は評価されず、高層ビルの窓ふきのアルバイトをしている日々に、

突然、余命三ヶ月を宣告されます。

そんな中現れた杉咲花が演じる女子高校生に会います。

 

 

 

物語は、この二人を中心に展開されていくのですが、

脇役が結構豪華でびっくりしました。

 

佐藤健が2~3分だけ出演したり、

宮沢りえ大竹しのぶリリーフランキーなど

とにかく豪華です。

 

もちろん主役の野田洋二郎の演技も

負けないぐらい良かったです。

正直そんなに期待していなったこともあってか、

かなりよく感じました。

野田洋二郎にぴったりの役でしたね

 

 

物語の途中で、女子高生が

学校のプールに金魚を放ち、その中で泳ぐシーンがあるのですが

あの映像は素晴らしくきれいです。

ものすごくきれいです。

 

なぜ、役名で書かないかというと、

全然名前を呼ぶシーンがなく、人の名前が入ってきません。

海外映画だったら、かなりきつかったです(笑)

 

 

途中でちらほら

このシーンはいるのだろうかと思うところはありました。

 

 

ただ、この映画を見終わった時に、

映画には、雰囲気づくりが大切なんだと気づかされましたね。

 

 

ラストはかなり好きです。

この映画自体が主人公の作品のようなそんな映画です。